藤沢市で外壁塗装なら山栄ホーム

藤沢市で外壁塗装なら山栄ホーム

外壁塗装の塗料の種類アレコレ

60 views

 

・塗料の種類

塗料の種類によって、外壁の耐久性はかなり違ってきます。

外壁塗装をする場合は、どのタイプの塗料で塗装をするかをよく考えて行わなければなりません。

現在使われているウレタン・シリコン・フッ素・無機の4つの塗料についてご紹介しましょう。

かなり昔に主流だったウレタン塗装は、今ではかなり少なくなりました。

このウレタン塗装はなんといっても安くて施工しやすいため一時期は広く使われていたのですが、耐用年数が5年から7年と短いため現在では部分的に使われるのが一般的です。

もちろん現在でも費用を抑えるためにウレタン塗装を選ぶ場合もあります。

このウレタン塗装に代わって現在主流となっているのがシリコン塗装です。

コストもそれほど高くないにも関わらず、耐用年数が7年から10年とウレタン塗装に比べるとかなり長くなっています。

10年程度での塗り替えは必要ですが、塗り替え費用もそれほど高額にならないので、バランスの取れた塗料といえるでしょう。

現在の一般的な住宅の塗装は、大半がこのシリコン塗装になります。

シリコン塗装よりも長持ちする塗装にしたいという場合、フッ素塗料という選択肢もあります。

これなら15年以上塗り替えをしなくてよいのがメリットで、汚れがつきにくいのも特徴です。

あまりお手入れをしなくても綺麗な状態を保てる外壁塗料がよい、という場合はこのフッ素塗装がよいでしょう。

汚れにくくて長持ち、というメリットは魅力的ですが、そのぶん費用はシリコン塗装に比べて高くなります。

そして現在最も耐久性に優れていると言われるのが、無機塗装です。

これは、ガラス成分を主成分としており、20年以上塗り替えなどの必要がないとされている最高級の塗料になります。

費用も最も高額になりますが、塗り替えをしたくない、という場合は初期費用を奮発して無機塗装にしてしまうのも一つの方法です。

・塗料は耐久性と価格で選びましょう

このように、現在使われている外壁塗装の塗料には様々な種類があり、耐用年数が長くなるにつれて費用も高くなります。

また、それぞれの塗料の中にもたくさんの種類があって、断熱性に優れたものや、汚れにくいものなど、その特徴も異なります。

メンテナンスの手間を省くために耐用年数の長いものを選ぶのも良いですし、コストを抑えて10年おきに塗り替えを行い、その際に色も変えることで新鮮な気分を楽しむのも良いでしょう。

自分が重視するポイントがどこなのかを考えて、塗装業者と相談しながら塗料を選ぶのがおすすめです。

山栄ホームは、塗料の知識が豊富です。お客様のご希望をお聞かせいただきご提案できます。

藤沢市で外壁塗装や屋根塗装をお考えならお問い合わせ下さい!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替えなら、
藤沢市の山栄ホームまでお問い合わせ下さい!

0466-49-3337

メールフォームはこちら