藤沢市で外壁塗装なら山栄ホーム

藤沢市で外壁塗装なら山栄ホーム

外壁塗装で色を変えて、新鮮な気分に!

52 views

・外壁の色を変えて家の雰囲気を一新

外壁塗装は、もともとの壁の色と同じ色にする必要はありません。

せっかくだから、色を変えて家のイメージを違う感じにしたい、という方もおり、中には個性的な色を選ぶ方もいます。

外壁の色が変わると、それだけで家の印象はガラッと変わりますので、たとえば白かった外壁をブルーに塗って爽やかな印象にしたり、ピンクや黄色にして温かみのある外壁にするのも素敵です。

塗料の色は、業者が見本を見せてくれるのでその中から自由に選ぶことができますが、注意しなければならないのは、小さな見本でみるのと実際に塗ったときの色の印象が違うものになりやすいということです。

たとえば、見本で見たきれいなピンク色が、広い外壁に塗るとほぼ白く見えてしまうことがあります。

大きな面に塗ると、やや薄く見えてしまうので、その点も考慮に入れて色を選ぶようにしましょう。

また、周囲の環境にも合わせて色を選ぶことも大切です。

街の景観にあまりにもそぐわない色にすると、周囲の人の印象を悪くする可能性もあるので、ある程度景観に配慮した色選びも考えましょう。

自然が豊かで緑の多い場所であれば、アースカラーのほうが馴染みがよいですし、白い家の並ぶ街並みであれば、白かパステルカラーにしたほうが周囲からは浮きません。

・2色以上に塗り分けるとスタイリッシュなイメージに

2色以上の塗料を使って塗り分ける方法も人気があります。

最も多いのが、一階部分と二階部分の色を塗り分けるパターンでしょう。

一階部分がブラウンで、二階部分がベージュなどの配色は定番で、重厚感がありつつメリハリがつくので高級感も増します。

また、縦のラインで二色を配色するのもスタイリッシュで素敵ですし、ベランダだけを別の色にしたり、家の張り出した壁だけを塗り分けるなど、いろいろな塗り分け方があります。

いずれにしても、同系色の色を選ぶか、片方の色を白やベージュにすればまとまりやすくなるので、色選びの際の参考にするとよいでしょう。

3色使う場合は、それにアクセントカラーを加えて、2色の境目にラインを入れたり、ワンポイントで塗り分けたりするのも素敵です。

ただし、それ以上多くの色を使うと、落ち着きがなくなったり、品がなく見えてしまうので、3色までにしておくのが無難です。

外壁の色が変わると、家が生まれ変わったようで新鮮な気分を楽しむことが出来るのでおすすめです。

藤沢市の方で外壁や屋根塗装の色でお悩みなら、山栄ホームまでご相談下さい。

カラーシミュレーションでイメージを共有します。

お気軽にご相談下さい!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替えなら、
藤沢市の山栄ホームまでお問い合わせ下さい!

0466-49-3337

メールフォームはこちら