藤沢市で外壁塗装なら山栄ホーム

藤沢市で外壁塗装なら山栄ホーム

オートンイクシードを使ってシーリング材の寿命を長くしよう

34 views

外壁工事をする際に気にするのは、外装塗装だけになっていませんか?

塗料を良いものを選んで、外壁を綺麗にすることは勿論大切です。

しかし、塗装だけにこだわっていてもコーキングとして必要なシーリング材をおざなりにしておくと、外装は定期的に補修する状況が続きます。

外装工事をするのなら、シーリング材もいいものを使いましょう。

・シーリング材の役割

シーリング材の役割は、防水性を長期にわたって維持し続けることです。

そして美観を損なう不具合を起こさないことです。

シーリング材が崩れてしまうと、崩れてしまったシーリング材の周りの外壁はどんどん崩れていきます。

シーリング材が崩れたことによって、外壁がひび割れを起こすこともあります。

しかし、外壁は一番最初にシーリング材から傷んでいきます。

シーリング材を長持ちさせることができれば、外壁も長持ちさせることができます。

オートンイクシードは、長期耐久型ハイクオリティーシーリング材です。

・オートンイクシードは耐性が強い

シーリング材は雨や風にさらされることによって、シーリング材が固くなっていき切れてしまったり、歪んでしまいます。

紫外線や水や熱を受けることによって、表面が劣化していきます。

シーリング材には、伸縮性維持ができる耐性と、美観維持ができる耐性の二つが必要になります。

オートンイクシードはこの二つの耐性を備えています。

他のシーリング材では合格することのできなかった耐久テストに、オートンイクシードは合格しました。

30%圧縮させ、30%拡大させる伸縮を4000回繰り返すのを、3サイクル実施したにも関わらず異常なしでした。

通常のシーリング材では1サイクルで断片に異常が見られます。

長寿命シーリング材の異名を持つ理由がわかります。

更に太陽光や熱水による劣化の耐性テストも行っています。

1年を200時間とし、6000時間つまり30年分の外気に晒した結果耐性テストに合格しました。

通常のシーリング材であれば、10年でひび割れ状態になってしまいます。

様々な耐性テストに耐えてきたシーリング材なので、今までのシーリング材の劣化状態の常識を覆すものです。

シーリング材をオートンイクシードに代えるだけで、家の寿命を長くすることができます。

外壁塗装をする回数も必然的に減っていき、大きく外壁を塗り直すほどの損傷も少なくなっていきます。

藤沢市で外壁塗装や屋根塗装をお考えなら山栄ホームまでお問い合わせ下さい!

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替えなら、
藤沢市の山栄ホームまでお問い合わせ下さい!

0466-49-3337

メールフォームはこちら