藤沢市で外壁塗装なら山栄ホーム

藤沢市で外壁塗装なら山栄ホーム

リシン吹き付けによる外壁塗装のメリット

13 views

・日本の家屋に適したリシンの吹き付け

外壁塗装にはいろいろな方法がありますが、その中でもよく使われているのがリシン吹き付けです。

そう聞いてもよくわからないかもしれませんが、街で見かけるざらざらした質感の吹き付けの壁の多くは、リシン吹き付けになります。

これは塗料をコンプレッサーで吹き付けるタイプの塗装ですが、ざらざらした表面になるのは、塗料に細かい砂利や砂を混ぜているから。

そうすることで、砂壁風の仕上がりになるのが特徴です。

このリシン吹き付けのメリットは、まずコストが安いこと。

刷毛やローラーに比べてコンプレッサーでの吹き付けは技術による差が出にくく、しかも短時間で施工できることから、作業費用が安く済みます。

また、通気性や透湿性のある素材であることも、リシンのメリットといえるでしょう。

日本の住宅の多くは木造住宅であり、家の構造を支える柱などは木が使われていることが多いです。

丈夫な木を使っていても、湿気に弱いのが木の困ったところで、湿気が溜まると木が腐ったり虫が湧いたり、カビが生えたりと、劣化の元になってしまいます。

しかも日本は湿度が高く、湿気が籠りやすい気候であるため、家の湿気対策は大きな課題であり、リシンは雨などの水分を遮りながら、湿気は通すため湿度のコントロールには最適で、日本の住宅には使いやすいのです。

見た目の仕上がりも、ザラザラした質感のために、必要以上に艶やテカリが出ず、上品で落ち着いた雰囲気になります。

そうした質感も、日本人の好みに合っているのかもしれません。

・定期的な塗り替えが家を守る

ただし、リシン吹き付けにもデメリットがあって、細かい凹凸があるために汚れが溜まりやすく、掃除がしにくくなります。

環境によっては、カビが生えてしまい、凹凸の奥の部分のカビがどうしても取れない、ということにもなりかねません。

使う色などにもよりますが、きれいに保つのはやや難しい素材だということがいえるでしょう。

また、弾性リシンなど、多少伸縮性を持つリシンの場合はマシですが、通常のリシン吹き付けはその状態で固まってしまうので、その下のモルタルが伸縮するとひび割れなどをおこしやすくなります。

そういった汚れやひび割れなどの点を考慮しても、リシンは10年程度で塗り替えることを前提に塗装するものです。

定期的に塗り替えれば、きれいな状態を保つことができますし、非常に使いやすい素材でもあります。

弾性リシンなどに比べると耐用年数が少ないといっても、2~3年の違いですし、アクリル塗料などに比べればそれでも長持ちする塗料です。

無料診断実施中!
外壁や屋根の塗り替えなら、
藤沢市の山栄ホームまでお問い合わせ下さい!

0466-49-3337

メールフォームはこちら